断水

この度の集中豪雨で断水を1週間経験した。 水がないことで改めて水の大切さを知った。 特にトイレには閉口した。うまく流さないと失敗するしその都度8リッターの水の確保も大変でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人のための振る舞いが健康の因に

 オキシトシンは、ほ乳動物の神経ホルモンの一つです。主に脳内の視床下部で合成され血液循環系に送り出されます。その働きは、私たちのストレスを緩和して不安感を取り除いたり、他者への信頼感を高めて社交的にさせるというものです。  オキシトシンは、愛おしさの感情を生み出すもとになる物質でもあることから、「愛情ホルモン」ともいわれます。母親が赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困難がないことが幸福なのではない。困難に打ち勝つなかに幸福があるのだ

第76期名人戦七番勝負の第6局。佐藤天彦名人が羽生善治2冠に勝利を収め3連覇を達成した ▼佐藤氏は一昨年、史上4番目の若さ(28歳)で名人位に。その対局は「積み重ねの逆転術」と評される。派手さはないが不利な局面からも一手一手、にじり寄るように攻め続けて勝利をつかむ。氏は「形勢が悪くなってからこそが本番だとさえ思います」と(『理想を現実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食材を捨てずに

 ニンジンやダイコンは皮をむかずにそのまま調理。 ゴボウもいらなくなった布で泥を拭き取りブラシで洗い流したら、そのまま切って使用し、 キャベツの芯も細かく刻んで野菜スープに使うのです。鍋で10分ほど煮て、あとは余熱で軟らかくし、光熱費も節約しています。  日本茶も、茶殻に栄養がたくさん残っていることを知り、昨年からは、飲み終えても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生は航海の如し

人生は航海の如し。  ゆえに、荒れ狂う怒濤を  ものともせぬ巌の如き信念で、  わが航路を切り開いていくことだ。  嵐になればなるほど、  「さあ来い」と  激しい闘志を燃え上がらせて、  雄渾の名指揮を執りゆくことだ。  その悪戦苦闘のなかでこそ、  常勝不敗の熟練の智慧が磨かれる。  そして、  勝利王の歴史が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父は父である

社会的には、  どういう立場であれ、  父は父である。  父それ自体が偉大なのである。  父であるならば、  父としての責務と、  皆を守り包容していく  偉大な心であれ!  妻にも、子どもにも、  幸福と安穏を贈り、  人生の深き道を教えていくのが、  偉大な父としての使命である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「感謝の言葉」が心を温める

「感謝の言葉」が心を温める  「ありがとう」の一言には、 不思議な力がある。  人生を豊かにし、心の絆を限りなく広げる。  平和や友好といっても、他者への「感謝の思い」を伝えることから始まるのだ。  感謝と報恩の決意が、自身を向上させる原動力となる。  自分を育んでくれた人々を断じて裏切るまいと思えば、人生の正しき軌道から外れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偉大なる人生とは“青年の心”で一生を生き抜くところにある

青年と共に偉大な人生を大いなる理想に生きる──そこに青年の証しがある。  そして偉大なる人生とは“青年の心”で一生を生き抜くところにある。  若き挑戦の魂に行き詰まりはない。  全ては“行動”から始まる。  行動を開始すれば、知恵がわく。  「道」が見えてくる。  道があるから歩くのではない。  歩くから道ができるのである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平和」とは、遠い彼方にあるものではない

「平和」とは、遠い彼方にあるものではない。  自分が今いる場所で、あの友に会い、この友と縁を結び、誠実に対話を重ねる中で築かれるものだ。  自ら動き、自ら声を掛け、友情を広げる中で築きゆくものだ。  地道な、真剣勝負の「今日の一歩」の中に、「明日の勝利」がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「勇気の心」が幸福を築く

■「勇気の心」が幸福を築く  勇気あるところ、正義と希望の太陽は輝く。  「勇気」と「臆病」の差は、微妙である。  紙一重の差といってもよい。  たった一言の励ましによって、気力が倍加し、 勇気が漲ることは、実に多い。  励ましは英語で「エンカレッジ」。  勇気(カレッジ)を吹き込むことだ。  ゆえに励ましのあるところは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性の心が世界を変える

■女性の心が世界を変える  誰もが皆、「母」をもち、「家族」をもち、「幸福」を求める同じ人間である。  遠く離れた他国にあっても、身近にあっても、同じ人間である。  他者の苦しみに胸を痛める、同苦の心。  他者の幸福を願う、やむにやまれぬ祈りの心。  この女性の心が、世界に友情を広げる「心の国際化の時代」の扉を開く。  「女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友情こそ人生の最高の宝

■友情こそ人生の最高の宝  友と会い、語る。  一緒に悩み、考える。  すると心中には、限りない慈しみと知恵が湧く。  それが思いきった実践となっていく。  いつしか生命は、ダイナミックに回転を始める。  「友情」が、生命にみずみずしい触発を与えているのだ。  人格と人格、魂と魂で結ばれた絆というものは、どんな嵐にも、揺ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の心が緑を輝かせる

■人間の心が緑を輝かせる  美しき自然を、守り、育むものは、人間の豊かなる精神の沃野である。  人の心の浄化が、鳥を、緑を輝かせるのだ。  人間と自然環境は、相互に依存する関係にあり、環境への暴力が、やがて人間に跳ね返ってくることを、私たちは青年や子どもたちに、教えていくべきである。  一切の問題は、根本的には「人間」の問題だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しき心の虹

〈私の心は躍る、大空に 虹がかかるのを見たときに。 幼い頃もそうだった、大人になった今もそうなのだ、 年老いたときでもそうありたい、でなけれぼ、生きている意味はない! 子供は大人の父親なのだ。 願わくば、私のこれからの一日一日が、自然への畏敬の念によって貫かれんことを!〉  (平井正穂編『イギリス名詩選」岩波文庫) イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「君の胸から出たものでなければ、人の胸を胸にひきつけることは決してできない」(ゲーテ)

▼文豪ゲーテいわく「君の胸から出たものでなければ、人の胸を胸にひきつけることは決してできない」(高橋健二編訳)。 いかに立派な話でも、借り物や背伸びの言葉では、人の胸に響かない。大事なのは、自分の思いを、自分の表現で、誠実に伝えることだ。  同じ楽譜で同じ楽器を奏でても、人によって音に違いが出る。もちろん技術の差もあるが、大切なのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 “生きる”ということ

 大宇宙の万物が、挑戦を続ける。  花は、  懸命に深雪を割いて新芽を出し、  波は、  体当たりを重ねて巌を削り、  太陽は、  日々、暁闇を破って躍り出る。  人が見ようが、見まいが、  己が使命を果たさんと、  黙々と、忍耐強く、  労作業を繰り返す。  挑戦! 挑戦! 挑戦!  それが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“音楽の力”

 民族音楽学者・小泉文夫氏に関する展示が、民音音楽博物館・西日本館で好評を博している。世界50カ国・地域で調査・研究を重ねた氏。その蓄積から導かれる“音楽の力”は、没後35年の今も人々を引き付ける ▼氏が北極圏のイヌイットを調査した時のこと。捕鯨で生計を立てる集団は、カリブーという鹿を捕獲して生活する集団に比べ、音楽的センスが格段に優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熟年離婚を防ぐための必殺技

土屋 人生の先輩として、夫婦関係を持続する秘訣について教えてください。 佐藤 私は一回離婚を経験していますから、ここは自信をもって言えます。夫婦円満のコツは一つだけ。「言葉」です。 塙  言葉遣いの問題ですか。 佐藤 ええ。私が結婚生活に失敗した一番の原因は、言葉でした。配慮に欠ける言葉を使ったりして、ねぎらいの言葉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more