「自分が誠実で変わらない」こと

「いっぱい友人がいるが、どの人とも浅い友情しかない人」もいる。
反対に、「たった一人の友人でも、永遠に変わらない、深い友情」の場合もある。       
しかし、「この友情はよいもので、あの友情はつまらない」などと決めつける必要はない。どの友情
も大切にすることです。その時、その時で、誠実につき合っていくことです。
「自分が誠実で変わらない」ーこれが友情のポイントです。

                                   出典:『池田大作全集』第65巻(聖教新聞社刊)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック