あせらず、肩の力を抜いて

 友人が多い人は幸せだ。「私には親友がいます」と言いきれる人は幸せだ。お金よりも、地位よりも、名誉よりも、「絶対に心がつながっている」「絶対に裏切らない」友人をもっている人こそ、本当に「豊かな人生」です。
 でも、あせる必要はない。できれば、もっと肩の力を抜いて考えてほしい。「今度こそ」とか「つくらなくちゃ」と緊張すると、心も重くなってしまう。 自然でいいのです。「そのうち、自分にぴったりの友だちを見つけよう」「いつかすばらしい友だちができるから、その分、今はいないんだ」と思っていればいい。
 そうして自分を立派につくっていけばいいのです。自分を立派に成長させた分だけ、すばらしい友だちもできるものです。
                                     出典:『池田大作全集』第65巻(聖教新聞社刊)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック