アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
三原のはじめくん
ブログ紹介
自由気ままに人生を謳歌する

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
あいさつ
▼あいさつのコツは、その頭文字を取って「明るく」「いつでも」「先に」「続いて」――。誰に対しても明るく、いつでも、先にあいさつするとともに、「昨日はありがとうございました、課長」など、続けて何か一言添えると効果的だという。さらには相手の目を見つつ、気持ちを込めてあいさつをすれば、心の距離もぐっと縮まる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 10:01
「草書」
 漢字の最も簡略化が進んだ書体を「草書」という。中華民国を樹立した辛亥革命で、孫文と共に活躍した革命家・于右任は「草聖」とたたえられる草書の達人でもあった ▼彼の書は、悠久の歴史を誇る中国書道史の中でも、極めて独創的といわれる。生前から高価な値がついたが、「人びとのために書くことは、さらにも増して人生の一大快事である」と言い、求められれば、惜しげもなく書き与えた(『于右任傳 金銭糞土の如し』書道芸術社) ▼死後、彼の遺品の中には借金の借用書があった。書によって自適の生活を送ることもできたはず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 14:08
丹道夫『「富士そば」は、なぜアルバイトにボーナスを出すのか』集英社新書
▼若者の街では、肉がたっぷり入ったメニューが人気。お年寄りの集まる街では、サッパリ系が好まれる。同社の創業者は述べている。「日ごろお客様に接していて、その需要を目の前で感じているのは現場の従業員」「『こういうメニューがあれば売れるのに』という発想が生まれてくるのは自然なこと」 ▼「知恵は現場にあり」といわれる。だが、その知恵は、現場の課題と真剣に向き合い、乗り越えようとする人の強い責任感から生まれるものだ ▼“誰かがやってくれる”と思えば、知恵など湧いてこないだろう。自分自身が“職場の第一人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 14:03
夫にとってやすらぎの大地
夫にとってやすらぎの大地 夫にとって妻は大地のようなものである。その磐石な安定感、汲んでも尽きない豊かさ、それでいて微妙に変化する敏感さ、そこに男は心のやすらぎを求める。心身のやしな疲れをいやし、明日への活力を養う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 09:59
夫のよきパートナー
よき妻とは、夫にとってよきパートナーである。夫と妻との相互の「人格」が美しかない和音を奏でていくのが、家庭の理想というものであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 09:56
妻の役割
朝は「いってらっしゃい」と笑顔で 朝だけは、たとえどんなにいやなことがあっても、「いってらっしゃい」と笑顔で 送り出してほしい。がまんしてでも、そうすることだ。まことに、玄関先の出勤間際の一瞬というのは、実は家庭と社会とのつなぎ目の大切な一瞬である。このつなぎ目が支障をきたすと、社会と家庭の流通関係が、ダメになる。家庭への血行はとまり、貧血症状を呈することになる。  たしかに、朝、送り出してくれるときの家族の愛情に満ちた笑顔は、一日の仕事の意欲に敏感に影響するのである。己をおさえた聡明な愛情... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 06:37
妻は弓、夫は矢
妻は弓、夫は矢  わが国のある大哲人は、妻を弓にたとえ、夫を矢にたとえて夫婦のあり方を教えている。夫がどれだけ社会の大空に雄飛し、力強く社会で闘っていけるかは、ひとえに妻の力にかかっているという意味である。  また、その大哲人は、妻というものは「夫に従って夫を従わせるもの」とも言っている。  偉大な英知から出た、みごとな家庭経営法と言うべきであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/14 06:39
贈り物に添えて
むらかみかずこさんの話です。 何げない気持ちを文字に 添えるフレーズ例  ・心ばかりのものですが  ・ほんの気持ちですが  ・感謝のしるしに  ・今が旬の/食べごろの  ・地元で人気の/話題の/評判の  ・私が贈りたくて送るだけだから    ちょっとした一言が相手に伝わるのですね ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/12 08:49
足立美術館
島根県の足立美術館が、米国の専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の日本庭園ランキングで15年連続の第1位となった。 国内900カ所以上の庭園から選ばれ、「細部にまで維持管理がされた造園の大傑作」と絶賛される ▼近現代の日本画コレクションを誇る同美術館も、48年前の開館から数年は来場者はわずかだった。苦境を打開しようと、創立者の足立全康氏は敷地面積を倍増。“建物も庭も立派な美術館”を目指した(『庭園日本一 足立美術館をつくった男』日本経済新聞出版社) ▼現在、5万坪の敷地に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/12 08:40
互換インクカートリッジ
互換インクカートリッジ キヤノン BCI-321+320互換インクカートリッジ 自由選択8個セット フリーチョイス PIXUS MP540 PIXUS MP550 PIXUS MP560 PIXUS MP620 PIXUS MP630 PIXUS MP640 PIXUS MP980 PIXUS MP990 PIXUS MX860 PIXUS MX870 PIXUS iP3600 PIXUS【メール便送料無料】 選べる8個セットこまもの本舗 楽天市場店 プリンターインクカートリッジ|キャノンプリンター対応インク|BC... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 18:43
おもちゃだけが子供の遊びじゃない
幼い子どもは、お母さんと一緒に何かをし、自分がやったことにお母さんが反応してくれることが大好きです。それがうれしい。笑顔になる。反応を求めて、いろいろな行動をします。  一緒に料理を作ったり、お掃除をしたり、何か大人の生活の一こまを子どもと一緒に言葉をかわしながらやる。それ自体が、子どもにとってはとても刺激的なことであり、遊びになるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 08:14
真の友情
真の友情  どんな時代の変化にあっても、つねに変わることがないのが、真の友情である。何かあると、すぐに変わってしまうような友情は本物ではない。むしろ、試練にあえばあうほど、真の友情はより強く、深く、結びあっていく。 友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」講談社山中 伸弥ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 08:04
書画家の饒宗頤氏 逝去
中国の著名な詩人、書画家の饒宗頤氏が数え年101歳で逝去した。漢学、仏教学、儒学、考古学、言語学、敦煌学にも通暁した、同国最高峰の碩学である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/10 13:48
家庭教育へのアドバイス
家庭教育へのアドバイス ○子どもと交流する日々の工夫を ○父と母が争う姿を見せない ○父と母が同時には叱らない。 〇公平に、ほかのと必較しない ○親の信念の生き方を伝えよう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/08 13:41
幸福の花
 人生は、ひとつひとつが戦いである。途中に何があろうと、 必ず、幸福の花を咲かせゆく戦いだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/08 13:34
世間は矛盾だらけ
 世間は矛盾だらけである。正しき眼をもっていないともいえ る。問題は、その矛盾を突き抜け、大きく乗り越えて、どう揺 るぎない自分自身をつくりあげるかである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/08 13:28
失敗しても
 失敗しても、叱るより「今回は、あなたらしくなかったね」と言ったほうがいい。  壁を乗り越える自信と、乗り越える喜びを伝えてあげたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 10:02
“3K”
 「きつい」「汚い」「危険」の“3K”のイメージを「感謝」「稼げる」「感動する」に。 さらに「変わろう、変えよう、変えられる!」――この“3K”で今日も前進! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 09:57
負けるな!
負けるな! 断じて負けるな! 幸福が人生の目的だ。 そのために努力を1 そのために忍耐を! 生き抜くのだ。 愉快に生き抜くのだ。 強く生き抜くのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/05 14:23
思春期
 親や周囲が、思春期の特徴をよく理解することだ。子どもの言うことをよく聞いてあげる。子どもをありのまま受け入れる。さらに子どもがほっとする居心地のいい家庭をつくる。そういう努力をはらいながら、思春期は勇気をもって耐える期間であると受け止めて、接していってはどうだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/05 14:19

続きを見る

トップへ

月別リンク

三原のはじめくん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる